by インプラント歯科管理人     [edit]
以下は厚生労働省が出したガイドラインの一部です。

患者と医師の間で適切なコミュニケーションをとるための指針であり、 なるほどこれらすべてがクリアされていれば、難しい治療の見通しでさえも 明るくなるような気がします。

コミュニケーションひとつで治療の良し悪しにも影響しかねませんので、 下記項目を少し意識して医師とのコミュニケーションを図りましょう。

医師とのコミュニケーション

新・医者にかかるための10箇条
  1. 伝えたいことはメモして準備
  2. 対話の始まりは挨拶から
  3. よりよい関係づくりはあなたにも責任が
  4. 自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
  5. これからの見通しを聞きましょう
  6. その後の変化も伝える努力を
  7. 大事なことはメモをとって確認
  8. 納得できないときは何度でも質問を
  9. 医療にも不確実なことや限界がある
  10. 治療方法をきめるのはあなたです
PAGE TOP ↑